創作懐石料理-自慢のお料理に舌鼓-

「美味いものを」それだけを考え、こだわった創作懐石料理

お品書き

食前酒  かりん酒

前菜   そばいなり寿司、馬刺しのたたき長芋かけ

酢の物  貝柱と水菜の酢の物

お造り  馬刺し

煮物   牛時雨煮の白玉包み

揚げ物  ソフトシェルシュリンプと季節の野菜の天ぷら

焼き物  ふろふき大根と和牛ステーキ 桜味噌あんかけ

ご飯   焼きおにぎり茶漬け、野沢菜の握り

香の物  野沢菜

デザート 天寄せ

※馬刺しが苦手というお客様は遠慮なくおっしゃってください。
懐石料理全体イメージ

梅月おすすめ別注料理

線
  • 馬刺し大盛り
  • トロリととろける本物の味
    信州の名産でもある「馬刺し」ですが、梅月の馬刺しは一味違います。
    馬刺しには筋がありますが、梅月では特選した部位を使用しているため一枚一枚をお客様に驚かれるほど厚く切ってご提供しております。 「生姜醤油」「ニンニク醤油」どちらも馬刺しとよく合い、混ぜてみても美味しく召し上がれます。馬刺し好きの方に絶対おすすめの一品です。
    まろやかで甘みのある、舌の上でトロリととろける本物の味を是非ご堪能ください。

  • 馬刺し写真
  • 桜鍋プランもございますが、別注で1人前(\3,500)から予約でお受けいたします。※ご注文は2名様からお受けいたします。
    かねてより要望がありました桜鍋。柔らかい良い肉でお客様にもきっと喜んで頂けることと思います。
    秘伝のタレで煮ますと、馬肉から出てくる肉汁で美味しい鍋になり、締めはうどんで最後まで桜鍋を堪能できます。

  • 鍋写真
  • 馬肉のすき焼き(桜鍋)
  • 馬もつ(桜もつ)
  • 馬もつ(桜もつ)写真
  • 【馬肉豆知識】
    馬肉からは本当に美味しい出汁が出ます。馬肉は、コレステロールが少なく、高タンパク質、高ミネラルの優れた食品です。馬肉のことを「さくら」と言いますが、江戸時代に肉を食べることがはばかられたので「桜」と呼んだという話です。江戸時代や明治の文明人や粋人が好んだ料理でもあります。一度食べれば、そのとろけるばかりの美味しさに馬肉を見直されることと思います。

  • 信州味噌で炊き上げた馬もつは、牛もつよりもあっさりとしており日本酒によく合います。ぜひお酒のお供にいかがでしょうか。

  • 鯉の旨煮とアライのセット
  • 鯉の旨煮とアライのセット写真

    鯉の旨煮はとろりとした濃いめのタレで、皮がとろける程じっくりと煮あげました。アライは淡白ながらもしっかりとした歯ごたえが特徴です。 信州味噌のタレでどうぞお召し上がりください。

  • アニバーサリーケーキ&ワイン
  • アニバーサリーケーキ&ワイン写真

    お誕生日、結婚記念日などお祝い事にサプライズでケーキと一口ワインのプレゼントをご用意いたします。露天風呂貸切のサービスもございます。こちらは特定のプランからのご予約ください。

県内の地酒を各種取り揃えております。料理のお供に美味しいお酒のご案内

線
  • 真澄 あらばしり樽酒(梅月ラベル) 
  • 真澄 あらばしり樽酒(梅月ラベル)写真
  • 高天 からくち
  • 高天 からくち写真
  • 渓流 どむろく
  • 渓流 どむろく写真
  • 新米新酒のしぼりたて。加熱処理をしない霧ヶ峰清流水を杉樽のほのかな香りの中に晴れた冬の諏訪湖を渡る風のようなキレと爽やかさがあります。

  • 飲み飽きしない旨味のある辛口のお酒です。飲むほどに料理をひきたて、日本酒通の方に好評。

  • 信州の氷室で5ヶ月熟成した昔の酒造りに基づいた仕込み。口に含むと軽やかで爽やかなコクのある味が広がります。酸味のある他の「どぶろく」とは違った味わいです。

朝食見出し

  • ヘルシーで栄養満点な朝食をご用意いたしました。男性の方でも満足いただけるボリュームです。朝食は箱膳とおそばを広間にてお召し上がりいただきます。お部屋でお召し上がりになる場合は+1,000円頂戴いたします。

  • 朝食写真
県知事表彰写真

県知事表彰
営業施設としての衛生管理が優秀という評価をしていただき、
長野県知事に表彰していただきました。

祝い膳・法要膳・御会食

お祝い膳・ご法要膳

梅月では、お祝いの席やご法要の際にもご利用いただけます。人と人とのご縁は酒食を共にする事でより深まるもの。
器の中を彩る四季を楽しみ、味わいながら心に残るひと時をぜひ梅月でお過ごしください。

お祝い膳・ご法要膳写真
お得な宿泊プラン

このページの先頭へ